歯が抜けた時に

置かれた歯科器具

多くの芸能人やセレブなどが利用していることで有名なインプラント治療に興味がある人は多いのではないでしょうか。そのような人のためにインプラント治療がどの様なものなのかについて説明します。この治療は歯が抜けてしまった場合の治療法であり、抜けた部分のあごの骨にフィクスチャーというネジのような部品を埋め込み、その上に上部構造といわれる人工の歯をかぶせる治療法になります。従来の治療法であるブリッジや部分入れ歯とは違い周囲の歯に固定するのではなく、あごの骨に直接固定するため、他の歯に負担をかけることがありません。また強い固定力を得ることが出来るため、食事をおいしく食べることが出来ます。また被せる歯は上質な材料なため見た目もきれいです。

インプラントは自由診療になります。そのため、料金は歯科が自由に決めることができ、その費用は利用者が全額を負担しなければなりません。そのため、費用が負担できない場合には他の治療法を選択することが必要になります。他の治療法としてはブリッジや部分入れ歯があります。これらには保険が適応されるため、1割から3割の自己負担で治療を受けることが可能です。費用の面では優れた治療ですが、固定のために周囲の歯を削る必要があるとともに、食事などの際に固定した歯に負担がかかるため、将来的にはそれらの歯を失ってしまうリスクがあります。そのため、可能であればインプラントをすすめている歯科が多いというのが現状です。治療を行う歯科が増えたことで料金も安くなっている傾向にあります。